もし返済額をできるだけ少なくしたければ、ローンで借りたお金を、早め早めに返済してしまうことです。返済に余裕があるのであれば、繰上げ返済することをおすすめします。ローンの利息は返済残額に対して計算されるので、早く返済した方が支払う利息も少なくて済みます。完済までの期間が長くなればなるほど、利息は膨れ上がってしまうのです。日割りで利息がついていますので、1日でも早く返せすことが大事です。返済日までに返すという返し方でも構わないのですが、早い段階で返済を終えておくこともよい点が多くあります。まとまったお金が入ってきたり、家計に余裕がある月があったら、その月のローン返済を多くすることも一つの考え方です。借入残高を減らすほど、利息は減るので、早期の完済が可能になるというメリットもあります。ローンは長期的に借入をするほど、総支払利息が増える仕組みになっています。利息を減らすためには、繰上げて返していく方法が効果的であり、事前にローンの返済計画を立てておくことが重要です。ローンの種類によっては、前倒しでの返済ができないこともありますが、基本的にカードローンなら、返したい時に返しておくことができます。もし、返済に回しても問題がないようなお金が手元にあるなら、ローンの繰り上げ返済を検討してみてください。